読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢,二度寝していたところ,昼過ぎ頃に大地震が発生して目が覚める.住んでいるアパートが漫画みたいに揺れまくって,窓から地面が見えるくらい建物が曲がる.揺れが続く中,停電して部屋の照明が消えたりする.あー,これはヤバい地震だなと思いつつベッドの中で耐えてる.耐えながら,そういえば大地震のときはドアが変形して出れなくなると聞いたことを思い出す.揺れが収まった瞬間にとりあえず玄関扉を開けてスリッパを間に挟んで止める.ドアの外では近所のおばちゃん達が「ひどい揺れだったわねえ」なんて話してるけど単身者用アパートなのにおばちゃんがいるのはおかしい.部屋にあるモバイルブースターを集めて,ベッドに戻って寝る.

目が覚めると,同い年ぐらいの男の子が6人ぐらいで僕を取り囲んでいて,のぞき込まれている.その中の一人が「気がついたか,良かった」みたいなことを言う.

「家族じゃん」みたいな事言われて,否定する.挙動不審な感じ.
最初は僕のワンルームが舞台だったのに,いつの間にか3LDKぐらいの部屋になってることに,台所の様子を見に行って気がつく.台所は食器棚が倒れて食器が散乱していて危険な感じ.ここも地震の影響があったみたい.この家族の母親らしい人に危ないから部屋に戻っとけと言われる.
早に戻ると残っていたメンバーから「最初はみんなおどろく」「大丈夫仲良くやろう」「ボクらならうまくやれる」「ってか最初から家族じゃん?」みたいな事言われる.みんな同じ服をきていて制服みたい.心の中ではわけわからんし絶対帰ると思いながら,とりあえず様子をうかがうために話を合わせる.最初に起きた部屋に戻ってあたりをよくみると僕の部屋にあった物が全部移動していることに気がつく.

しばらくすると停電が復旧して,さすが日本,まさか数時間で回復するとは仕事が早いとかいって感動する.

感動していたところ,実家から電話が掛かってきたので出ると,本当の母親からで,心配される.「やっぱりおかしいだろ!!」と話すと,ばれてしまっては仕方が無い,みたいな感じになる.

その後とにかく帰るの一点張りで抵抗するんだけど,ものを隠されたり服を破かれたりいろいろ意地悪されたりする.最終的には帰れることになって謝られる.僕も雑な態度をとったりしたので申し訳ないと思う.

いつのまにか家が博物館みたいに大きくなっていて,一番大きなホールで送別会をして貰う.もともと「家」を出ることになっていた人がいて,その人のおまけみたいな感じ.結婚式かってぐらい華やかだった.

とりあえずMacBook二台とiPhoneだけもって「後の荷物は送ってくれ!!」と頼んで家を出ようとするんだけど,忘れ物に気がついて,大きくなった家の中を探しまくって,出るのが遅れる.家を出たところで目がさめる.