マスから個の時代から個からマスの時代へ

  • 人間はコミュニケーションがあると良い
    • 共通の話題はコミュニケーションに便利
      • マスメディアがそれをになってきた
    • あるいは住んでいるエリアに紐づいた村的コミュニケーションも同じカテゴリかもしれない
  • インターネットによって前提が変わった
    • 共通の趣味を持った人の見つけやすさ
      • 僕個人についてでいうと、大学に共通の趣味の人が多かったのは助かった
        • わざわざ話を合わせるために興味ないマスメディアの情報キャッチする必要がないので助かる
  • コロナと晩婚化で状況が変わってきた

嫌だなあ、と思いつつ、マスの時代は終わらんのだろうなあと思っています。一方個人としては芸能人あんまり詳しくなくて、今のところ覚えるモチベーションがないのもあり、なんか面倒臭くなりそうでやだなあと思います。

一方スポーツは割と何見ても面白く感じるので、 DAZN 契約したしサッカーとかウォッチしようかな、と思い見始めたのが最近の変化ですね。F1 は今シーズンからガッツリ見ています。

動安定

航空機の安定性に関する概念に動安定というのがある。

動安定が正だと、不安定な状態になった後、時間経過とともに安定した状態に戻っていく。振り子が徐々に止まる様子を思い浮かべると、だいたいイメージが掴める気がする。

一方で、動安定が負の場合というのがある。この場合、不安定な状態から元の状態に戻ろうとする力が強すぎて、どんどん不安定になってしまう。

人の心にも似たような特性があると思う。たとえば不機嫌になった時に、どんどん不機嫌になる人と、短時間で回復する人がいる、みたいな。

Spotify の体験の良さ

古代、Rails アプリケーション開発はマシンパワーを食い尽くすものだった。2010年ぐらいの話で最近はよく知りません。何が起こるかというと、この時 iTunes で音楽聴いてると音飛びがひどくて大変なんです。

ということでその頃からずっと、パソコンを使ってる時も音楽は iPhone で聴き続ける、という生活をしている。音量や曲の操作をするのに携帯を触る必要があってちょっとめんどくさかったのだけれど、去年 Spotify を使い始めてからこの辺の問題が全て解決した。

iPhone で再生している曲やボリュームをデスクトップの Spotify App から変える

iPhoneSpotify App で曲の再生中にデスクトップの Spotify App を立ち上げると、下の方に「iPhoneで再生中」みたいな表示が出る。この時再生がらみのコントロールをすると全て iPhone 側に反映される。

他のデバイスで再生中に Bluetooth ヘッドフォンの電源を入れる

Google HomePS4 で音楽を再生してる状況で Bluetooth ヘッドフォンを入れると iOSSpotify App がコントロールを取り戻して自動で再生デバイスが切り替わる。基本的には続きから再生される。

この辺の挙動が快適すぎて最高だし、こういうクロスプラットフォームでの快適性にコストをかけられるのは Spotify だからだよな〜という気がする。

バイクのこと

このツイート見かけてモーティヴ読んでみた。めっちゃ良かった。

僕も大学2年の頃から大学院を卒業するまでの5年ぐらいヤマハのSR400ってバイクに乗っていた。

f:id:side_tana:20200824005802j:plain

400cc単気筒のエンジンは振動が大きいし、セルもついてないから毎回キックスタートで大変だったけど、本当にかわいいバイクで、僕にとってのバイクは SR400 以外にないと言っても良いと思う。

バイクに乗ろうと思ったのは、友人のドラッグスターの後ろに乗せてもらったのがきっかけだった。夜で、大学から別の友達の下宿まで乗せてもらったと思う。その時どうしようもなく「この乗り物を自分で操作したい」と感じたのだった。


紹介されてた漫画でも、バイクに乗るとどこへでも行ける気がする、というような趣旨のセリフがしばしば出てくるのだけれど、僕も初めてバイクに乗った時全く同じような気持ちになったのを覚えている。

なんというか、バイクには自由の象徴みたいなところがあると思う。

もう6年以上バイクには乗ってないけれど、今でも乗ったら同じように感じるのかな。

前の記事でも書いたけど車を買った。最高に可愛い。

f:id:side_tana:20200807205916j:plain

元々ハッチバックが好きで、しかしFRに乗りたいと言う気持ちがあったため、自然と BMW 1シリーズしか選択肢がない状況だった。

ところが去年のフルモデルチェンジで1シリーズもFFに変わってしまい、すべてのFRハッチバッグが絶滅してしまった。

で、まあこれまで全然車を買おうなんて思っていなかったのだけれど、先日「そういえば前の1シリーズ好きだったなあ」なんてことを思い出し、ちょっと調べたところ上位グレードの M135i でも中古が 200 万以下で出回っていることを知った。

なんと言っても M である。

f:id:side_tana:20200807214255j:plain

正確には M performance という最近できた M モデルと通常モデルの中間ぐらいの、いわば入門用 M みたいなグレードで、見ようによっては本物の M ではない、という気もするのだけれど、まぁMはMです。

搭載するエンジンも直列6気筒の3リッターターボで最高出力は320psを発揮する。5シリーズや3シリーズの上位グレードで使われてきたのと同じエンジンだ。これは買ってから知ったのだけれど、同じエンジンの高出力モデルはM4で使われているみたいだった。

コロナでストレスが溜まっているのもあり、勢いで買ってしまった。以来カーシェアで遊んでいたときとは比較にならないほど頻繁にドライブへ出かけているけれど、とにかく楽しい車だと思う。

走行モードはECO PRO, Comfort, Sports, Sorts+ の4種類あって、それぞれ結構性格が変わる。

ECO PRO は国産のコンパクトカーみたいな感じで、アクセルに対して滑らかに反応する。ちょっと勢いよく踏んでも敏感に反応するようなことはなくて、ヌルッと動く感じ。エンブレは弱く、アクセルを離した時は滑走していく感じ。

Sports はアクセルにリニアに反応する感じで、軽く踏んだだけでもグッと加速する。エンブレもキツくて、MTに近い感じだと思う。エンジン音も変わる。

Comfort はマイルドにした SPORTS って感じ。

f:id:side_tana:20200807212657j:plain

リモコンで鍵を開けるとスモールライトが点灯する。かわいい。

買ってから後悔したのは2点で、一つめは車載のナビが古いこと。

2015年以降のモデルだとタッチパネルになっていて、頑張るとiOSCarPlayも使えるっぽい。僕が買ったのはそれより前のモデルだった。

二つめはリアハッチに汚れがたまりやすいこと。普通に走ってるだけでも空気の流れが悪いのか、結構汚れてしまう。

逆にいえばこれぐらいしか不満がない車なので、いい車だと思う。



嘘、もう一つあった。駐車場代高すぎ!!!

ホットサンド/レインボーブリッジ

ゴールデンウィークホットサンドメーカーと低温調理機を手に入れた。

結果として、定期的に低温調理機で肉を仕込み夜はつまみに、朝はホットサンドの中身にする、と言うのが日々の暮らしとなっている。

最近はローストビーフのホットサンドが多い。余裕がある時は二つに切って食べる。食べやすいし見た目も嬉しいのでそうしている。

f:id:side_tana:20200801094643j:plain

洗い場で撮ったので照明が強くて最近のホラーゲームみたいになってしまった。

今回はローストビーフを3枚入れた。作り途中の写真はないのだけれど、こう言う感じ。

f:id:side_tana:20200801094926j:plain

本当は三枚が断面に入るように切りたかったのだけれど、作ってる間にどう言う向きで入ってるか分からなくなってこう切ってしまった。

f:id:side_tana:20200801095014j:plain

味は変わらず美味しいんだけど、なんかちょっと損したような気分。


最近車を買ったので、仕事終わりなんかに気軽にドライブへ出かけている。

レインボーブリッジから見る東京が好き、みたいなのは何度かこのブログでも書いたんだけれど、最近はWFMが増えているのかちょっと夜景が寂しい気がする。