読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢,何故か滋賀の母校にいる.

(夢の中で)目をさますとホテルの一室のようなところで,どうやら大学の宿泊施設のようだった.僕がいた時も研修・合宿施設的なのはあったけど,4階建で,学生が使えるのは4人部屋か8人部屋だった.なんかそれとは違う感じで,外の風景は8階ぐらいで部屋は1人部屋で綺麗な感じだった.

部屋を出て,エレベータで1階まで降りると清潔感のある小さなロビーがあった.通り抜けて外へ出る.

新しい宿泊施設の近くには駅があって,キャンパスに電車が乗り入れているらしかった.随分変わったものである.何故か大学院時代の別研究室の同期が駅の近くで集まっていたので適当に声をかける.旅行に行くらしい.

歩いていると駅や宿泊所は防災リサーチセンターがあるエリア,つまりキャンパスの一番端にあることがわかった.10分弱歩いて大学時代の所属研究室が入っている研究等を目指す.

奥の方も結構変わっていて,新しい棟が一つでき,研究棟は改修工事をしていた.新しい棟は1階と吹き抜けになっている2階をつなぐエスカレーターが印象的だった.僕が在学中はエスカレターなんてどこにもなかった気がする.

気になるので入ってみると,デザイン系の学部が入っているらしく(夢ではそんなものがあるらしい)最上階のホールでは「卒業・こんな私ですが卒業できました展」をやっているらしく,2Fの小ホールでは「5年間+お世話になりました・先生が好きすぎてちょっと長く大学にいちゃったよ展」というのをやっているらしかった.

新しい棟をでて研究等に入る.エレベータはいつの間にか場所が変わり,デパートとかにある外が見えるやつになっていた.それに乗って7Fへ.

降りてみると,廊下が妙に狭い.廊下の横幅2/3ほどが吹き抜けになっており,6Fの廊下を見下ろせた.奇数階は吹き抜け,というルールらしい.機材の搬入がめちゃくちゃ大変そうだ.

研究室に行くと,何故か会社の同期がいて今の研究室メンバーと談笑してたり,京都の知人からメンタルが不安定な感じの電話を受け取ったりして大変な感じだった.