読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢,なんかRPG? の主人公になってがんばる.ストーリーが進むと仲間との信頼関係が深まって戦闘中に助けてくれたり連携技が使えたりするよくあるやつ.

年齢的には高校生っぽくて,やたら洒落た校舎にブレザーを着て通っていた (現実の僕はボロい校舎の男子校に学ランて通っていたのだから真逆と言っていい).パーティメンバはは元気な女の子と内気な女の子とお調子者な男みたいな感じ.青春っぽい.

しばらくは普通にシナリオ進行していくんだけど,ハロウィンぐらいまで時が過ぎ,ある日の夕方に帰宅したところで急に父親が出てくる.他の登場人物にはモチーフっぽいひといないのになぜか父親,しかもポジションも父親.なんなんだこの世界……

父がいうには,知り合いがひどい夫婦喧嘩をしているらしい.で,旦那の方が父の知り合いなわけだけれど,嫁さんはバットマンがめちゃくちゃ好きなのだという.バッドマンとロビンが来たら機嫌が直るはずだから手伝ってくれという.この男,そんなのだから嫁さんと喧嘩になるんじゃないかとしか思わなかったが,なぜか父はその依頼を受けたらしく,僕もそれを手伝うことになる.やっこさんはまだ喧嘩中らしく,家の場所を教えてくれと言っても要領を得ない解答,と言うか部屋の窓からの写真を送ってくる.

写っていた大きなジャンクションを手掛かりに住所を特定し,家の車(なぜか空を飛べる)で向かう.近くのホテルに降りて,ロビーのトイレでいつの間にか用意されていたコスチュームに着替える.

それでまあ,ふたたび車で空に上がり,喧嘩してる旦那の家から見えるように低空を飛んでから近くに降り,部屋にいく.するともう仲直りをしていて徒労に終わる.

SEが鳴って,シナリオ完了の文字と,父親と親密度が上がったと画面上に出てきた.父は戦闘メンバーじゃないけど何してくれるんだろ.なんか若干気持ち悪いしまじでなんなんだ……。

というところでキリよく目が覚めた.