読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢,小学校の同級生が東京の病院に就職するというので,原宿に家を借りて一緒に住むことにする.原宿駅,架空の存在で,規模が新宿駅ぐらいなんだけど品川ぐらいのレベルまで整理されてる.

引っ越した翌日から普通に仕事で,朝,会社の近くに住んでる時と同じぐらいの気持ちで家を出たら普段より30分ぐらいおくれる見通しとなった.ふだんから早めに出社しているので,遅刻にはならんな〜と思っていたら駅で迷って疲れ果てる.気がついたら定時を10分ぐらい過ぎていて,慌てて会社に連絡を入れる.

その後頑張ったのだけれど,結局山手線のホームにたどり着けず,心がすり切れて家に帰り横になって寝てしまう.

起きたら16時で真っ青になる.一応出社するかということで駅に向かうんだけれど,やっぱり山手線のホームが見つからなくて辛い気持ちになる.そうやって駅でぶらぶらしてたら大学時代の友人がとおりかかって一緒に飯を食いに行くことになる.

飯食って帰ろうとしたら,20時ぐらいのはずなのに夕日が綺麗,表参道に向かって駅を出ると,原宿再開発の歴史,みたいなモニュメントがあって雰囲気の良いところにぶつかった.

なるほど良いなあとおもってぶらぶらしてから帰る.翌朝は普通に電車に乗れて会社へ行けたけどめちゃくちゃ疲れて最悪,絶対電車で通勤したくないと言う気持ちになる.


考察としては,いまの家が狭くて引っ越したいなあという気持ちと,引っ越して電車通勤とかになると辛そうと言う思い,それから(バイト時代は月2回ぐらいのペースで寝坊由来の遅刻をしていた*1のに)今のところ3ヶ月で一回も遅刻していない*2ので,そろそろやらかすな,という不安がある.

*1:週2日出勤だったので良い具合に再計算するとだいたいこれぐらいになると思う

*2:ただし入社式を除く