読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊歩道

家の近くに区の整備している遊歩道がある事に気がついた.道沿いにはたまにお店があるけど,基本的にはアパートやマンション,戸建ての家が建ってる.

たまにあるお店のおかげで,縁のない住宅街に立ち入った時のような気まずさは無い.

それでもやっぱり生活の匂いみたいなのが漂っていて,人間が生きてるのだと思う.僕からすれば無名の他人なのだけれど,向こうからしたら僕もそうなのだろう.無名の人間たちによってこの社会が維持されていて,僕も無名の人間たちの一人なのだと思うとなんとなく気持ちが軽くなる.

別にそんなに背負い込んでるものがあるわけでは無いから,まぁそんな気持ちになるってだけなのだけれど.