読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜日

自然災害に巻き込まれる夢を見て起きる*1二度寝する。また変な夢見た。こっちの夢は忘れた。

しばらくダラダラツイッター見てたら、雪降ってるみたいなツイットが何度か出てきて、その度にどれどれ、とか言って外見るっていうのを繰り返してた。1回だけはマジで降ってて、お〜って思った。14時ぐらいにキッチンジロー見に行ったけど、変な時間なのに2組ぐらい並んでて地獄かよって思った。

あんまり食欲なかったから、パン屋さんでパン買ってきて、コーヒー入れて、車借りて葛西臨海公園まで出かけた。車借りたのは車の運転したかったからです。葛西臨海公園に行ったのは海が見たかったからです。

行きは首都高使った。六本木を抜けて芝公園横を通ってレインボーブリッジを渡るコース。レインボーブリッジから東京見るの好きで、運転中は写真撮れなかったからストリートビュー貼ります。

The Empty America ってやつがあって、すごい好きで、見たことない人は見て!って感じなんですが、なぜかこれを思い出す。多分この橋から東京を見ると、人間なんか小さすぎて見えなくなっちゃうからだと思う。

f:id:side_tana:20170114162228j:plain
これは海。

葛西臨海公園は異常に寒くて、ベンチに座ってコーヒー飲みながらぼーっとしたり本読んだりするか、というつもりであったかい格好してきたのだけれど、風が強すぎて無理ってなって30分ぐらいで逃げ帰った。

帰りはずっと下道。台場まで行って、ぐるっと回って豊洲まで戻って、「これが新市場か〜」とか言いながら黒いカバーがつけられたままの信号機とか、不完全な交差点を通過する。どっかの陸橋からライトアップされたレインボーブリッジが見えて、かっこいいな〜って思った。

そこからはいつものコースというか、勝どき橋を渡って歌舞伎座の前を通り、国会議事堂の前を通って赤坂御用地青山一丁目、表参道、と抜ける。渋谷に近づいたところで会社によって荷物を一個ピックアップしようと思ったのだけれど、会社の鍵持ってないことに気がついて諦めた。

なんだか元気が出ないので景気付けにすき焼きでもやるか、と考え、いい肉を手に入れて帰る。

f:id:side_tana:20170114200727j:plain:w400
開会式です。なお開催地住民の強い反対のため用地確保が難航したため、開会式参加は一部選手のみとなっております。

f:id:side_tana:20170114203638j:plain:w400
迫力がある。

f:id:side_tana:20170114203647j:plain:w400
人類の滅亡です。

f:id:side_tana:20170114204513j:plain:w400
滅亡の味がします。卵はじゃんじゃん使っていいのか?

反省としてはとにかく割り下が濃すぎた、こんなもんだっけ??? 最後にまともな店ですき焼き食べたのが2年前とかな気がするのでわかりません。

ともかく、割り下については今後追跡調査を進める必要があります。あと肉。普通の焼肉だと霜降りの脂が得意ではないので、基本的に赤身ベースで頼むのだけれど、すき焼きに関してはこれはもう思いっきり刺しが入りまくってるやつがいいのだなということがわかりました。気をつけてもすぐ火が通って硬くなってしまいがち。

ともあれ、去年ぐらいからやりたかったおうちすき焼きができましたのでこれはまあ勝利と言ってよさそう。

そのあとでインターステラー見た。

2時間40分ぐらいあってとにかく長くて大変だったけどその分いろんな要素があって楽しめてよかった。中盤以降の人間性博覧会みたいなのよかったしもう一回ぐらい見たい。この流れで次はインセプション見たい。

*1:海沿い、というか岩壁の上にある掘建小屋みたいな居酒屋で飲んでいる。天気が悪いなと思っていたら、どうやら台風が接近しているらしい。宴会は続くが、そうしている間にも潮位が上がり、サイレンがなって水門を降ろす作業の音などが聞こえて来る(音がするものなのかどうかは知らない。夢だから)。いよいよ雨風が強くなって、竜巻というか、旋風みたいなのが登場する。一旦は居酒屋をかすめて過ぎ去っていくが、Uターンしてきて今度は直撃する。すごい音がして、室内はめちゃくちゃになる。徐々に水位が上がってきて、早く逃げた方が良さそうで、自分だけでも逃げてしまおうかと思うけれど宴会は続く。しばらくすると雨も風も少し落ち着くのだけれど、海面は高まり、ついに岩壁を超える。その時手漕ぎボートで海に出て行った子供がいたことがわかり大騒ぎになる。大騒ぎになってなんとか子供を助ける。その頃には台風は去っていたが、潮位は依然高く、避難をし始めるが、宴会会場に仕事用のパソコンを置きっぱなしなのを思い出し取りに行こうとする、というところで起きた